header-image

renicgrill.com

私のクルマが高く売れたのは運だけじゃなかったこれだけの証拠

Blog

top feature image

通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する

通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大別すると車体の色や車種などの基本的なスペック、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車内の臭いや内装の状態確認、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、査定アップする場合としては、たとえば最新式のオーディオやカーナビなどが付いている場合です。

top feature image

中古車の売却を考えたならば、最初にした方が良

中古車の売却を考えたならば、最初にした方が良いことといったら、売却予定の車のおよその査定金額相場を把握することでしょう。相場が判明していれば異様に安く買い取りされる危険性を回避することが可能ですし、車の査定相場よりも高い金額を提示してくれた会社に直ぐにそこで契約まで進んでも構わないでしょう。

top feature image

家族が増え、車の買い換える必要に迫られました。

家族が増え、車の買い換える必要に迫られました。

その時、できるだけ高く売りたいと思ったので、一社だけ相手にすると相場がわからないと思い、いくつかの会社に査定を頼み、最も査定額が高かった業者に売るようにしました。

top feature image

もうすでに自動車を売ってしまっているのに

もうすでに自動車を売ってしまっているのに、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除を告げられることがあります。事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売却側に非があると言えるのですが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば自分は何も責任を取る必要はないのです。